• ホーム
  • ジェネリックの精力剤を利用するとはげる可能性がある

ジェネリックの精力剤を利用するとはげる可能性がある

ジェネリックの精力剤を利用すると、はげる可能性があります。
なぜそのようになってしまうのかというと、精力を向上させることと頭皮の発毛を促すことは相反することだからです。
これは、医学的な研究結果からある程度証明されていますので関連性がある可能性が高いのです。

元々、男性の薄毛の原因としてあげられているのは男性ホルモンであり、男性ホルモンは勃起を促すために必要不可欠なホルモンであると考えられています。
ですから、精力増強をするために精力剤を利用するとそれが薄毛の作用を引き起こす男性ホルモンと作用して薄毛がより進行してしまう可能性を否定することが出来ません。
特に、精力剤の中でもジェネリック医薬品は偽物が多いことで有名で、正規品を利用しない場合にはどのような副作用が生じるかが予測出来ません。

前提として、日本国内では精力剤のジェネリック医薬品を購入することは不可能です。
何故かと言うと、国内で精力剤のジェネリック医薬品を販売することが認められていないからです。
日本国内で男性機能を改善させることができる治療薬が認められているのは先発医薬品の中でも三種類しか存在せず、それらの薬はクリニックでしか処方することが出来ないので一般市場で販売がされていません。
ですから、ジェネリック医薬品を入手する時には自己責任で個人輸入を利用して購入する必要があるのです。

ただでさえこのような状況にありますので、海外から入手したジェネリック医薬品が本物であるかどうかを確認することはなかなか難しいです。
正規品であってもはげる可能性がありますので、海外のものを服用した時にどのような効果が生じるのかを断定するのかはなかなか難しいことであるといえるのです。